twitter @domigri

20ツインパワーのベアリング一体型ラインローラーを分離型への改変方法

20ツインパワーのベアリング一体型ラインローラーを分離型への改変方法

どうもリールマイスターのドミニクです。

今回はベアリング一体型のラインローラーを分離型へ改変する方法をまとめました。

ベアリング分離型にすることで、シャーシャー音がしてきたときにベアリング交換で対応でき、安価にメンテナンスすることができます。

Advertisement

シマノのリール上位機種のラインローラー

シマノの防水技術

シマノのリールは上位機種になるとXプロテクト(コアプロテクト)という防水技術がラインローラーにも搭載され、ラインローラーはベアリング一体型にバージョンアップしています。

海釣りをしていると、ラインローラーはラインから滴る海水に常にさらされる部分で、劣化が出てきやすい箇所ですよね。

Xプロテクトにより、耐久性が向上し、メンテナンスも一体型ラインローラーを交換するだけでよくなりました。その反面、一体型ラインローラーは高価で、ドミニクとしてはそうそう気軽に交換できるものではないなぁと感じます。

そこで、この一体型ラインローラーをこれまでのベアリング分離型へ改変し、気軽にメンテナンスできる仕様にマイナーチェンジしましたので、そのやり方をご紹介します。

20ツインパワーのラインローラーをベアリング分離型へ(Xプロテクトキャンセル)

準備するアイテム

AmazonでXプロテクトをキャンセルするラインローラーの部品セットが売っていますので、以下のリンクから購入してください。

★シマノ向け ラインローラー コアプロテクト キャンセルキット [15&18規格対応] 香川塩ビ工業製

注意:15&18規格対応となっていますが、20ツインパワーにも使うことができます。

以下の写真のような部品セットが届きます。

届いた部品セット

20ツインパワーで使う部品

Amazon販売サイトより~20ツインパワーで使う部品

上の画像の部品を使います。20ツインパワーのラインローラーをはずし、今回使う部品セットを並べます。

ラインローラーの組み立て順番

青枠の部品を赤枠の部品に置き換えるだけ

画像の青枠が20ツインパワーのラインローラー部分です。この部分を画像の赤枠の部品に変えます。

はめていく順番は上から0.4mm Sim/0.1mm Sim/Bearing/White bushing/0.8mm Sim/10STELLA arm roller/White bushing/Bearing/0.4mm Sim/0.4mm Simです。

以下、はめ込み中の画像を載せておきます。最後はグリスを多めに付けて、ラインローラー部分を閉じて完了です。

ラインローラーが黒になり見た目もグッド

シルバーのラインローラーからブラックのラインローラーとなり、よりしっくりとした雰囲気になりました。気になる方は是非お試しください。

購入は以下より👇

★シマノ向け ラインローラー コアプロテクト キャンセルキット [15&18規格対応] 香川塩ビ工業製

注意:15&18規格対応となっていますが、20ツインパワーにも使うことができます。

コンテンツカテゴリの最新記事