twitter @domigri

境港の釣具屋すいどう店主からヤバい魚バラムツを!実食!

境港の釣具屋すいどう店主からヤバい魚バラムツを!実食!
Advertisement

どうも、境港の釣り人ドミニクです。

本日、仕事中に境港の釣具屋すいどうの店主ケンさんからLINEが・・・なんとバラムツを食べてみないかとのこと!ドミニク、あのヤバい魚「バラムツ」を・・実食します!

市場に出回らない「バラムツ」とは

体内の油脂成分のほとんどが、人体で消化されないワックスエステル(いわゆる「蝋」)でできている。そのため、大量に摂取すると皮脂漏症(皮膚から油が漏れる病気)を起こしたり、消化吸収されなかった油脂が肛門からそのまま漏れ出したりし、下痢や腹痛を起こす。多量に摂食した場合は昏睡状態に陥る重篤な症例も報告されている。

wikipedia:バラムツ

皆さん知ってのとおりヤバい魚「バラムツ」。境港の釣具屋すいどうの店主ケンさんがお客さん(@abrsk_lost)からいただいたという静岡県産バラムツを食べてみないかとお誘いいただきました。

食品衛生法で販売禁止になっているバラムツですが、食べられないことはないようで、YouTubeやネット情報では食べている方も結構いますね。しかも「かなり美味しい」と聞いていたので食べてみました!

脂がすごい・・トゲもすごい・・

柵の形でいただきました。皮つきで、この皮にいばらのごとくすごいトゲがあります。このことから「バラムツ」という名が付いたとか。とにかくトゲが多く、素手では絶対にけがをします。

身自体は白く、その色はタラのような白身魚とはまた違った濁った白さというか雰囲気が違うのが画像からもわかるでしょうか。脂がテカっていてずいぶん乗っているなという印象です。

無事に皮がひけました

皮をひいて、刺身用に切り身にします。たくさん食べると脂がダダ洩れしそうですので控え目な切り数で切っていきます。

脂のテカリがすごい・・・

ヤバい魚「バラムツ」を実食!

まずは刺身で・・

美保の花 さしみしょうゆ

㈱北國の美保の花さしみしょうゆでいざ実食!

うまい!

普通にうまい!脂がのっている刺身!青物のように青物らしい癖はなく、脂は乗りに乗っているのにくどくなく、、脂の感じはマグロの中トロくらいの感じで、だけどしっかり食感はあってブリっぽいと感じました。

うまいです。でも、特徴がない感じがしてうまいけど、とびっきりうまい感じはしないかな。ブリやマグロの方がうまいと思いました。

Advertisement

続いて炙りで!焼きで!実食!

表面を軽く炙りました。が、なかなか焦げ目ができません。

炙った感じの香りはいつもの魚を炙った香りで食欲を掻き立てるあの香り!脂がじわーっと表面にあふれているのがわかりますよね。ヤバいです。

食べた感じは普通に炙った刺身と同様に美味しいですね。こんなに脂がでてるのに全然くどくなく食べられました。

今度は両面をしっかり焼きました。やはりなかなか焦げ目がつかず、いつもの魚とはちょっと違いますね。したたり落ちる脂の量がすごいです。これは何枚も食べると・・本当に危なそうなのが想像できますね。

実食!しょうゆに浮かぶ脂も尋常じゃない。。しっかり醤油をつけていただきます。

ん!?

硬い!食感がぎゅっとしてます。魚に例えると焼いたカジキの食感です。肉なら鳥のささみに似た食感です。噛み応えがあってクセになる食感でした。

これ美味いぞ。。

ということで、ヤバい魚「バラムツ」を実食させていただきました。
釣具屋すいどうさん(@suidou0859)、お客さん(@abrsk_lost)ありがとうございました!

そして皆さん、境港の変な釣具屋すいどうをよろしくお願いいたします。

それでは撤収!待て、次回!!

Advertisement

コンテンツカテゴリの最新記事