twitter @domigri

釣れるアジングワームのエコギア【アジ職人】新作2022年6月発売のアジマスト

釣れるアジングワームのエコギア【アジ職人】新作2022年6月発売のアジマスト

どうもアジングマイスターのドミニクです。

エコギア好きのドミニクですが、6月下旬発売予定だったエコギア【アジ職人】のアジマスト新作を見つけて買ってきました。

アジングといえば・・・アジ職人って釣れるんすよね。

Advertisement

釣れるワーム、エコギア【アジ職人】アジマスト

アジ職人アジマスト
アジングのマストアイテム~エコギア アジ職人 アジマスト

ワーム全体に施されたリブ構造が微波動を生み、アジを誘うと同時に極細の長いテールもなまめかしくアクションします。

また、ワームのフォルムは中央部分から一気に細くなる形状で、さらにプルプルの柔らかいマテリアルだからアジの吸い込むバイトにすっぽり口の中に入るように折れ曲がります。

【アピール】と【バイトをはじかないマテリアル】の両立ができていることが「アジ職人 アジマスト」の魅力だと思います。

2022年 新作のアジ職人アジマスト1.8″ファット

アジ職人アジマストシリーズに新サイズ登場。追求したのはトータルバランス。アクションレスポンス、視覚的ボリューム、適度な水噛み、バイトを弾きにくいスムーズな吸い込みなど、アジングワームに求められる要素を高次元にバランス。積極的な攻めのゲーム展開に打ってつけの、アピールとクワセを兼ね備えたアイテムです。
※2022年6月下旬発売予定

アジ職人アジマスト1.8″ファット

サイズ:1.8インチ
価格:10本入り450円(税抜き)

9色のカラーバリエーション

頭部分が太く丸みを帯びた新作

新作 1.8インチ(青色)、現行 2インチ(クリア)、現行 1.6インチ(黄色)

上の青色のものが新作「1.8インチ Fat」、下2つが現行のアジマストです。現行のワームは扁平構造になっていますが、新作は丸みを帯びており現行のより太さが際立っています。

全体的なフォルムである中央部分からくびれて極細テールというところは同じです。マテリアルはわずかに硬めのような気がします。

新作 1.8インチ(青色)、現行 2インチ(クリア)、現行 1.6インチ(黄色)

どうですか?形状の違いわかります?

左:現行 1.6インチ、中央:新作 1.8インチ、右:現行 2インチ

太くなってるのわかりますかね?太くなったことで、従来の扁平構造よりも水噛みするので、浮きにくくなったようです。誘いを入れながらリトリーブしてくるときに、浮き気味になりやすい人にはレンジキープがしやすい形状と言えそうです。

そしてとりあえず、におう!においはくさいです。相変わらず釣れるにおいがしています。

「アジ職人」とは

ソルトウォーターソフトルアーゲームのパイオニア・エコギアがリリースするアジ専用ソフトルアー、それが「アジ職人」シリーズです。人気ターゲット・アジに照準を絞り、アジの活性やベイトの種類、シチュエーションにあわせたルアーセレクトを可能にする充実のアイテム&カラーバリエーション。アジの習性を知り尽くしたエコギアならではのこだわりラインアップです。

エコギア アジ職人

アジマスト・・新作 1.8インチ(青色)、現行 2インチ(クリア)、現行 1.6インチ(黄色)

上の画像の下2つが現行のアジ職人 アジマストです。ボディが若干扁平になっており、アジが好むスライドフォールができる仕様になっています。

また、頭から尾にかけてのリブ構造から微波動を生み出しアジを誘い、マテリアルは非常に柔らかくプルプルです。

アジが食いつく際に、その小さい口にすっぽり吸いこまれるようにしなやかに曲がる極細テールデザインとなっています。

と、そんなようなことがWebサイトに書いていました。

開封しての第一印象としては・・臭い。この臭いにおいが効くんでしょうか、釣れるんですよね。

というわけで、ドミニク的にはアジ職人 アジマストと熟成アクアがあればアジングには困らないかな・・・(たくさん商品がありすぎて迷いたくないといのも事実です笑)

Advertisement

釣りアイテムカテゴリの最新記事