twitter @domigri

アジングにメガバス【マキッパ】マイクロサイズ!境港ならいろんな魚種が釣れる

アジングにメガバス【マキッパ】マイクロサイズ!境港ならいろんな魚種が釣れる

メガバスのマキッパは20g~40gを使ったジギングでおなじみのブレードジグですが、実は3g、5g、7gのマイクロサイズがあるのをご存知ですか?

マイクロサイズならアジングのタックルでもこのブレードジグが使えます。

Advertisement

釣れる!マイクロサイズ マキッパの釣果

メガバス マキッパ 3g、5g、7g~マイクロサイズがアジングに〇~

👇マキッパ3g、5g、7gはこちら👇

マキッパとは

メガバス マキッパ 3g、5g、7g~マイクロサイズがアジングに〇~

ひとことで言うとブレードジグ。

投げて巻くだけで釣れてしまうのは名前の通りで、使い方が簡単です。キャスティングジグにアピール力や変化が欲しいときにおすすめ。

ボディバランスが良く、姿勢を保ったままブレードが回転するので安定したスイミングとフラッシングで魚を誘ってくれます。

安定したスイミングについてですが、メガバスのマキッパのコピー商品(ニセのマキッパ)があります。そういうパチものルアーはスイミングが安定せず傾いて泳ぐものもありますのでご注意を!

使い方・使用感

メガバス マキッパ 3g、5g、7g~マイクロサイズがアジングに〇~

使い方はキャストしてただ巻くだけ。着水後、狙ったレンジに落として安定したリーリングでレンジをキープできます。

バイブレーション系のルアーより浮き上がりやすいので、気持ちゆっくりめのリトリーブがレンジキープのコツになります。表層を狙う場合は着水後にすぐにリーリングしてください。

フォールはフリーフォールよりテンションフォールがおすすめ。フリーフォールだとエビりやすくなります。

飛距離はブレードがついている分、ブレードのないジグより劣りますが特に問題なしです。

前方アイにアシストフック、下部アイにトレブルフックなどチューンアップも可能

下部のアイにトレブルフックを付ければフッキング率をアップさせることができますし、トップのアイにアシストフックを付けるのもありです。自分に合わせたチューンができるのもいいですね。

👇マキッパ3g、5g、7gはこちら👇

Advertisement

釣りアイテムカテゴリの最新記事