twitter @domigri

19セフィアSS S83MLを買ったので早速エギングに行ってみた感想です

19セフィアSS S83MLを買ったので早速エギングに行ってみた感想です
Advertisement

どうも境港のエギンガードミニクです。
エギングのしゃくる動作にも慣れてきて、もう少し軽いロッドが欲しいなと思い、19セフィアSS S83MLを購入しましたので、早速、使用感を試しにエギングに行ってきました。

19セフィアSS S83MLはとにかく軽くて疲れない

軽いとしゃくりやすい

19セフィアSS S83ML 自重92g

昨日まで使っていたのが12セフィアBB803MLでした。自重115gだったのですが、19セフィアSS S83MLは長さは同じで自重92gなので操作性の違いが良くわかります。

ドミニクの考えとしては、道具はピンキリ、キリを知らないとピンの良さはわからないという考えなので、量販店で買ったエギングロッドから入り、昔のセフィアBBを使い、そして今回のセフィアSSという形で手にしてきました。

シャクったりする操作の仕方は同じでも自重が軽いとこんなにも楽なのかと実感しました。この実感はキリを知らないと絶対に感じることのできない楽しさですね。

重心を持つとより操作性がいい

ロッドとリールの組み合わせで重心は変わる

この19セフィアSS S83MLに合わせているリールは19セフィアSS C3000SDHですが、前回使っていた組み合わせに比べ、なんとなく重心が前に来ているような気がします。リールに指を掛けずに前方を握るとちょうどよく重心をつかめる感じです。

これは人によって好みなのでしょうが、非力な私は重心を握るほうがしゃくりやすく好みなんです。リールに指をかけて持つほうがなんとなくしっくり感はあるのですが、重心を握るほうが操作性は増すということに気づき、そのような持ち方になりました。

ロッドの長さ8.3フィートにした理由

飛距離を要しない漁港がメイン

ドミニクは漁港でのエギングが多いので、そこまで飛距離がいらないのと操作のしやすさという点で短めのロッドがいいなと考えていました。ちょい磯のオープンエリアや足場の高い堤防で沖に向かって投げる場合もあるので、短すぎず長すぎず、操作がしやすい・・・それが8.3フィートかなと思いこの長さを選びました。

この83MLなら穂先はチューブラーになります。ドミニクはチューブラーのほうが感度が良いと思っており、エギを動かすのにもチューブラーのほうが動かしやすいのでソリッドタイプよりもこちらの方が好みです。

Advertisement

実釣!アオリイカは釣れるしジグも余裕で投げられる

まずはエギング!感度良好!!

イージーQキャストプラス~ケイムラマーブルオリーブ~で実釣開始


お気に入りのDUELイージーQキャストプラス3.0号、カラーはケイムラマーブルオリーブを投げていきます。オープンエリアなので中距離の範囲を広く探っていくイメージです。

ボトムを取って軽くシャクってテンションフォールさせると・・穂先にトンと感じるアタリがありました。ドミニクはそんなアタリに慣れていなかったので、「あ、」と思っただけで合わせられませんでした・・・

再度シャクってテンションフォール・・今度は穂先がヌルっと引っ張られた感じ?がしたので合わせてみるとキテました。リールを巻いているともう1ハイのアオリイカが後ろからついてきていました。

アタリを感じて釣ることができました

続いてお気に入りのエギ、イージーQキャスト喰わせの夜光グリーングリーン。

イージーQキャスト喰わせ~夜光グリーングリーン

緑がきれいなエギです。やはりドミニクは緑が好きです。落ち着きます。

先ほどついてきていたイカが近くにいるんじゃないかなと淡い期待をしつつ、この喰わせを投げていくことにしました。

キャストしてフリーフォールでボトムまで落として・・・メンディング・・

シャクってフリーフォール・・・シャクってフリーフォール・・・・スーッと穂先が持っていかれたので合わせてみると・・またまたキてました。

セフィアSSいいですね

感度良好!セフィアSS86ML 買った初日に2ハイ釣ることができました。
Advertisement

飛距離も十分出せるロッドです

ふと沖をみるとベイトがわさわさ何かに追いかけられています。
最近は美保湾でサゴシが釣れているようなのでおそらくサゴシではないでしょうか。

全然見えないけど沖ではサゴシが賑やか

18gのジグを投げてみることにしました。いい感じでしなって結構飛びます。19セフィアSS C3000SDHにPE1号を巻いていますがほぼ出てしまいました。1号で約110m巻けますので飛距離は十分出せることがわかっていただけそうです。

ロッドの柄が短いからか脇に挟めない分、ほぼ片手での操作になるためちょっとジャークはやりにくいですね。

グググ・・・

サゴシがかかりました。抜き上げでばらしてしまいましたが40センチほどの小ぶりなサゴシでした。
竿が短く柔らかいので抜き上げはちょっと難しかったです。タモがあれば全然大丈夫そう。

ということで、ドミニクは大満足なロッドでした。このロッドでたくさん釣っていきたいと思います。
以上!

購入はこちらから→19セフィアSS S83ML


釣行データ

[日にち]2022年9月25日(日)
[時間]16:30
[場所]島根半島(美保湾)
[潮周り]大潮(下げ潮)
[気温]24℃
[風]2.9m

タックルデータ

[ロッド]19セフィアSS S83ML
[リール]19セフィアSS C3000SDH
[ライン]PE1.0号、リーダー4号
[ルアー]DUEL イージーQシリーズ

Advertisement

釣りアイテムカテゴリの最新記事