twitter @domigri

釣果の差は投げ続けること、山陰エギンガーてらやん氏の執念【22年10月2日】

釣果の差は投げ続けること、山陰エギンガーてらやん氏の執念【22年10月2日】
Advertisement

どうも境港の釣り人、ドミニクです。
今日はツイッターでも友人のてらやんと釣行です。てらやん氏もエギングを始めたのは昨秋からということでドミニクと同じ頃に始めていますが、そのエギング釣行回数は倍以上違うんじゃないかというくらいいエギングに行かれている方ですね。4時半には出発と言われ、コンビニコーヒー片手に行ってきました。釣果はさてイカに!?

Advertisement

釣行データ

[日にち]2022年10月2日((日))
[時間]5:00
[場所]島根半島(漁港)
[潮周り]小潮(下げ潮)
[気温]16℃
[風]2.0m

タックルデータ

[ロッド]セフィアSS S83ML
[リール]セフィアSS C3000
[ライン]PE1.0号、リーダー4号
[ルアー]DUEL イージーQシリーズ

Advertisement

釣り場2番乗り、意気揚々

まだまだ日の出前、寒い・・・

ファミマのホットコーヒーを片手に助手席でしゃべっていたらあっという間に釣り場に到着しました。てらやん氏いきつけの釣り場ということで期待が膨らみます。既に県外ナンバーの車が駐車してありますが、どうやら中で寝ているようです。

(お疲れ様です!・・・お先に失礼します・・)
(申し訳ない・・早起きは3文の得ってことで・・・)

心の中でそうつぶやき、堤防の先端へ入りました。
まだまだ日の出前で風も割とあり寒い・・・上着を着てきて正解です。山陰の朝マズメと夜は上着を持って行く方がいいですよ。

早速、釣り開始です。

Advertisement

てらやん氏、さっそく釣る

めちゃめちゃ白くてきれいなアオリイカ

開始早々、中層を探ってたら来ましたと、てらやん氏。一方ドミニクは釣れず。てらやん氏もこの1ハイきりでこのあとが続かず、状況は渋い。。

釣れなさにドミニクは飽きてきて、ファミマのパンを食べ始めました・・・・投げ続けるてらやん氏・・・さすがに釣りに連れてきてもらって釣りをしないのも申し訳ないのでドミニクも再びエギングを開始します。

渋い時はボトム一択です。ボトムに沈め、1分程放置。そして2~3回シャクり、またボトム放置・・・シャクると来てました。

キャストプラスで貴重な1ハイ、やはりきれいな白いアオリイカ


これ、〆てないんですよ。こんなにきれいな白い色をしているなんて!
さぁ、イカはいることがわかりましたが・・今日もなかなか2ハイ目が釣れてくれません。

ドミニクがひといきついている間にもてらやん氏は投げ続けます。

(なるほど・・これが釣果の差か・・)

ドミニクは気づきました。圧倒的に投げ続けているから釣れるのかと。こうなったら投げるしかないですね!

Advertisement
カサゴが釣れました

ドミニクはエギではなくジグを投げていました。沖が騒がしかったので青物が釣れないかなと思って投げていたジグでカサゴが釣れました。そんな遊んでいるドミニクを尻目に、てらやん氏はエギを投げ続けていました。

てらやん氏、執念の2ハイ目

すごい・・・絶対釣れないだろうという状況でてらやん氏が執念の2ハイ目を釣りました。シャロ―タイプのエギで中層でヒットしましたとのこと。いろいろ試した結果、釣りあげた2ハイ目だったのです。

ということで時間が来てしまいました。

てらやん氏、イカ 2ハイ
ドミニク、イカ・カサゴ 計2匹

同点です!同点でした!

ということで、「あきらめずに投げ続けることが釣果の差」ということを気づかされた釣行となりました。てらやん氏、有難うございました!

それでは撤収!待て、次回!!

Advertisement


釣果カテゴリの最新記事