twitter @domigri

お気に入りの釣れるエギ「イージーQ® キャスト 喰わせ」DUELスレイカ攻略!

お気に入りの釣れるエギ「イージーQ® キャスト 喰わせ」DUELスレイカ攻略!
Advertisement

どうも境港のエギンガードミニクです。最近お気に入りでよく使って釣っている「イージーQ® キャスト 喰わせ」の特徴や使い方をご紹介します。

「イージーQ® キャスト 喰わせ」ラトルタイプとラトルなしタイプどちらも持ってます

元祖パタパタ「イージーQ® キャスト 喰わせ」

特徴としては以下に書きますが、最大の特徴はやはりパタパタフットとウェーブモーションボディ(エビのフォルムをしたデコボコ形状)ですね。この2つの特徴をドミニクは勝手にDUELのエギの代名詞だと思っていますが皆さんもそうではないでしょうか?

エギング女子がいたら聞いてみたいですが、数あるエギの中でかわいいエギはどれ・・・答えはパタパタなんじゃないかな。

接近戦でナチュラルに誘うために使うエギ

DUELエギ性能マトリックス表

この喰わせシリーズは「イージーQ® キャスト プラス」よりも飛距離は劣ります。3.0号サイズで重量が14.0g(キャストプラスは14.5g)、パタパタフットが二股4列(キャストプラスは二股3列)の違いがあり、手前での接近戦での活用が吉ということになりそうです。

喰わせシリーズのフットは二股4列(3.0号サイズ)

アクションはローリングシャフトの効果で控え目な動きになっているのもナチュラルに誘える特徴のエギになっています。飛距離は劣ると言いましたが全然問題ない十分な飛距離は出せますのであしからず。

パタパタ®フット

パタパタフット

水の抵抗を受けるとパタパタとバイブレーションを起こす、エビの足をリアルに再現した釣果実績No.1の「パタパタフット」。波動と紫外線発色でもアピールして躊躇なく抱かせる。

ただ、難点なのがイカにかじられたり、フグにかじられることです。かわいい足がなくなることもしばしば。それでも釣れるからついつい利用頻度は高めになるんですよね。

かじられてしまったパタパタフット

ウェーブモーションボディ

ウェーブモーションボディ

凸凹ボディが従来のエギ形状では出せない強い波動を発生。その波動でイカを誘うウェーブモーションボディ。一般的なエギとは少し違ってよりエビのフォルムに似ていますよね。

比較するとよくわかると思いますが、背面のデコボコしたおうとつ形状に加え、さらに細いシルエットになっていることがわかります。このリアルさもかわいい!

形状の比較 エビ似はパタパタ

ローリングシャフト

くるくるまわるアイ

エギのアイ部分が回転式になっています。これにより余計なダートが抑えられ、より静かな控え目なアクションをするようになっています。ドミニクはこのエギを使い、よくサビく釣り方で釣りますが、ローリングシャフトになっているのでエギを姿勢よくサビくことができるんです。

一般的なアイが固定されたエギをサビいたり巻いてみて姿勢を見てください。糸ヨレによって微妙に傾いたりすると思いますが、「イージーQ® キャスト 喰わせ」はローリングシャフトにより安定した姿勢で泳がすことができるのが気に入っているところです。

スナッグレスバンパー

スナッグレスバンパー

鉛やボディを保護し、変形を防ぎ、根がかり防止、ボトム感知能力・感度の強化などの役目を果たす。また、着底後の揺らぎアクションを容易にします。※3.0号、3.5号のみ

トマホークシンカーバンパー

トマホークシンカーバンパー

変形を防ぐとともに、ボトム感知能力強化、追加鉛の着脱も容易にし、着底後僅かな潮流でも「揺らぎアクション」を発生し、イカを刺激する。※2.5号のみ

トリックフック ケイムラ仕様

トリックフックケイムラ仕様

根掛かり激減。針が適度に伸びる為、高い回収率。さらにアピールの高いケイムラ仕様。私は半傘にしてますが、この喰わせにかぎっては垂直フォールで喰わせたりするので全傘のほうがいいかも。

一目でわかるボディカラー表示

ケイムラ、夜光ボディ、ブルー夜光ボディのカラー表示がカンナの付け根にあります。これによりパッとみてカラー選択できますね。ちなみにラトルの表示は以下のように♪マークが付いています。

ラトルは♪マークが付いている
Advertisement

使い方・使用感

まず漁港での秋イカエギングのパイロットルアーとして使っています。手前から探っていくのに飛距離はいらないですし、まずは活性の高いイカを狙っていくと思いますが、私はよくサビく釣りをやるんですよね。

その釣り方には姿勢がよい「イージーQ® キャスト喰わせ」がベストなのです。フルキャスト→10秒フリーフォール→2回シャクり→ラインテンションを張ってゆっくるサビく→2回シャクり→ゆっくりサビく・・・という釣り方です。活性が高いとすぐに乗ってくるので穂先に重みを感じたら合わせます。

次に、なかなか釣れないときのドミニク的使い方ですが、この「イージーQ® キャスト喰わせ」はフリーフォールさせると・・・垂直フォールなのです。

私はこのフォールこそが喰わせの所以じゃないかと勝手に思っています。このエギ、フリーフォールだと垂直フォールでストンと落ちていき、テンションフォールだと姿勢よくゆっくりフォールします。イカはいるけど釣れないとき、テンションフォールでゆっくりフォールさせ喰わせの間を取ることができます。

ラインテンションを張るとこの姿勢でフォールする

逆に、ゆっくりフォールを見せておいて、最後に手前でフリーフォールでストンと落とすと、たまらず抱いてくることがあります。そういう使い方ができるのが「イージーQ® キャスト喰わせ」の隠された特徴だなとドミニクは思っています。

是非、使ってみてください!購入は以下にリンクを貼っております。

購入はこちらから→「イージーQ® キャスト 喰わせ」

購入はこちらから「イージーQ® キャスト 喰わせ」

Advertisement

釣りアイテムカテゴリの最新記事